会社情報

MADE BY MOTOMURA
 

モットー

和信節

「和 信 節」は本村製作所2代目社長、
本村与志晴の時代から掲げているモットーです。
日々和やかな姿勢で、仲間やお客様を信じ、
節度を持って仕事に取り組んでいくことは、
当社の社訓とも言え、今に受け継がれています。

和信節

 
会 社 概 要
2018年10月現在
社名 株式会社 本村製作所
英語表記名 Motomura Manufacture Co.,Ltd
代表者 代表取締役社長 本村 幹
資本金 4,800万円
創業 1922年
設立 1960年5月1日
従業員数 41名
取引銀行 福岡銀行 大善寺支店 西日本シティ銀行 大川支店
本社住所 〒831-0011福岡県大川市下白垣156-1
TEL/FAX 0944-87-3025 / 0944-86-5787
URL https://www.motomura-mfg.co.jp/
鳥栖工場

〒841-0025 佐賀県鳥栖市藤木町字若桜10-21

TEL:0942-85-7784 FAX:0942-85-7785

事業内容

・酒類、食品向け、各種ステンレス製容器

・微生物培養槽、反応槽・単式蒸留装置

以上の装置などの設計、製作、据え付け工事

・プラント開発

建設業許可

般-28 第35240号

  • 機械器具設置工事業
  • 管工事業
  • 鋼構造物工事業
  • 第一種圧力容器製造許可工場
  • 鋼構造物機械器具設置業
有資格
  • ガス溶接
  • アーク溶接
  • ステンレス 鋼溶接
  • 非破壊試験技術者
  • 危険物 取扱者
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2 級管工事施工管理技士
  • 2級建築施 工管理技士等
  • その他多数

設備機械

施盤 2台/エンドミル 1台/

ブレーキプレス 200t×3500mm 1台/

シャーリング 13t×3000mm 1台/

シャーリング 6t×2400mm 1台/

ベンディングロール 13t×600φ×3000mm 1台/

堅型アングルベンダー  9t×75mm 1台/

ラジアルボール盤 1200m 1台/

堅ボール盤 1台/ハンドソー 400φ 1台/油圧プレス 2台/

バイブローシャー 2台/大型折曲機 1台/

コンプレッサー 2台/高圧洗浄機 3台

直流溶接機 35台/交流溶接機 26台/ミグ溶接機 6台/

自動溶接機 1台/ユニオンメルト 2台/

スポット溶接機 2台/プラズマ溶接切断機 2台/

自動ガス切断機 2台/

アークマシーン(パイプ自動溶接機) 1台/

天井走行チェンブロック 2.8φ 25台

 

沿 革

1922年

兄弟商会本村銅工場を創立。

1926年

酒類貯蔵タンク製作開始。

1931年

兄弟商会本村ホーロータンク製作所に社名を変更。

1945年

本村産業株式会社を創立。

1957年

ステンレスタンク製造開始。

1960年

株式会社本村製作所を創立。

1964年

酒造用大型ステンレスタンク製造開始。

1968年

各種醸造用プラントを全国へ制作販売。

1983年

減圧蒸留装置の全国販売開始。

1986年

第一種圧力容器製造工場に認定。

2010年

アロマ減圧水蒸気蒸留装置開発販売開始

2017年

鳥栖営業所開設

 

代表メッセージ

当社は、大正11年(1922年)先々代社長の創業以来、主に醸造容器の開発製造を行い、時代の返還と共に技術革新を行い、時代にフィットした新たな製品を開発し、お客様のニーズに応えて参りました。

あと数年で創業100周年を迎えますが、これからも永年積み上げてきた技術研鑽を追い求めて行く姿に何等変わりはありません。

私共を取り巻く経済環境もAIなど新たなテクノロジーの波が押し寄せて来ておりますが、毎日毎日を愚直に積み上げて対応して行くのみでございます。

100周年というひとつの節目を迎えるのも、これもひとえに皆様の絶大なる御支援と御引立てのお陰と深く感謝しております。

今後は更に研鑽に力を注ぎ、お客様各位のご要望に沿うよう努力致す所存でございます。

これからもより一層の御支援を賜わりたくお願い申し上げます。

社長

株式会社本村製作所
代表取締役 本村幹

社長

MADE BY MOTOMURA